HOME > Day surgery

日帰り手術について
当院では日帰り手術を行っています。
対象は、子宮頸部異形成、コンジローマ、子宮頚管ポリープ(大きいもの)、人工妊娠中絶(12週未満まで)などです。

午前の場合は8時半に入院し11時すぎに退院となります。
午後の場合は14時に入院し16時半過ぎに退院となります。

局所麻酔だけ使用した場合は 午前は9時半ぐらい 午後は15時ぐらいには退院できます。

子宮頸部異形成
 高度異形成までの病変に対し、レーザー蒸散術を施行します。手術前に病変の確認をきちんと行い適応を確認した上で手術の日程を組みます。
 局所麻酔で行いますが、痛みのため静脈麻酔を使った場合は手術後の安静時間が必要となります。

コンジローマ
 尖圭コンジローマに対して行います。
 レーザーだけでのウィルスの飛散防止のため、切除してからのレーザー照射となります。
 基本的には局所麻酔で行います。

子宮頚管ポリープ
 ポリープはすぐ取れるものもありますが、大きいものは出血の可能性が高いためレーザーを使用し切除します。
 基本的には局所麻酔で行います。


人工妊娠中絶
 12週未満の母体保護法適応症例に対して人工妊娠中絶を行っております。
 12週以降は入院が必要となることもあるため当院では行っておりません。
 また、当院では安全性重視のため手動真空吸引器による吸引法を使用してるため近隣の医院よりは若干値段が高くなっております
 吸引法は、局所麻酔で行いますが、痛みのため静脈麻酔を使った場合は手術後の安静時間が必要となります。
 10週後半から11週になった場合は旧来の方法で行い、静脈麻酔を使用します。

 連絡なしで手術キャンセルされることが数件ありました。吸引法はMVAキットという再滅菌できない使い捨ての器具を使うため、当日キャンセルされると器具が使えなくなってしまいます。
 そのため器具代としてあらかじめ予約金をいただく方式に代えさせていただきます。
 キャンセルの場合は返金致しますので前日までに連絡をいただければ大丈夫ですが、わかり次第早めに連絡をいただければ、その枠が有効に使えますのでよろしくお願いいたします。



3月20日水曜日は院長 所用のため休診とさせていただきます。
3月23日土曜日は院長 日本A-PARTでの研修のため休診とさせていただきます。
3月28日木曜日は院長 不妊相談センター担当のため休診とさせていただきます。

当院の休診日は日曜、祝日、水曜午後、木曜午前、土曜日午後となっております。
木曜日は午後のみの診療とさせていただいております。

予約システムが変更になりました。